教えて!TEAのこと

VOL.1 中国茶の種類

中国茶といえば何を想像しますか?

烏龍茶でしょうか。ジャスミン茶も最近地位を確立していますね。
実は、中国茶は3000年の時を経て、今は1000種類以上あるのです。その発酵度によって中国らしくカラフルに、色の名前で大きく6種類に分類されています。

「六大茶類」とは?

中国茶は、大きく6種類に分類され、「六大茶類」と呼ばれています。概要は次の通りです。

【六大茶類】
 ●緑茶:不発酵茶。釜炒りされたもの。
 ●白茶:弱発酵茶。茶葉に白い毛がびっしりと生えている。
 ●黄茶:ゆっくりと時間をかけて加熱し発酵されるお茶。
 ●青茶:半発酵茶。発酵させたのち、加熱処理される。
 ●紅茶:完全発酵茶。葉を乾燥させて揉みこみ発酵させる。
 ●黒茶:緑茶と同じ工程を踏んだのち、コウジによって発酵させたもの。

中国茶イメージまた上記に加え、ジャスミン茶のような茶葉に花の香りを付けたものを「花茶」、茶葉をまとめて縛り、お湯を注ぐと中から花が咲くような細工をした「工芸茶」などが分類に加えられることもあります。

「お茶で発酵!?」と思われた方も多いかもしれません。
実はお茶のもとになる葉っぱはすべて同じもの。生産された地域や発酵の度合いによって味が決まります。
ちなみに、上の表にある「緑茶」、「紅茶」はもちろんあのおなじみの煎茶や紅茶のことです。

ところで、中国茶で高価なものがあるのをご存知ですか?
銘柄によってはびっくりするほど高いものがあります。その理由は様々で、また分類によるところもあります。

次回は、日本人になじみ深い中国茶、烏龍茶を含む「青茶」についてお話しいたします。